歯周病とは歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれています。
歯茎など歯の周囲のに起こる病気です。歯の土台の病気ですから、進行すると歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。

歯周病になれば歯を支える歯茎が炎症を起こし、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)が深くなるとアゴの骨の一部である歯槽骨が徐々に崩壊されます。厚生労働省の調査によりますと、歯周病の予備軍にあたる人はおよそ10人に7人いることがわかりました。 虫歯は歯そのものが溶ける病気、歯周病は歯肉炎と歯周炎をあわせた総称で、歯ぐきなど歯の周りの組織が炎症を起こし歯槽骨が溶ける病気です。


 

25歳〜64歳の年齢層において、およそ76%〜81%の高い割合で歯周病(歯石沈着を含む)にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあれ歯周病にかかってるといっても過言ではありません。


 

歯と歯の間や歯と歯ぐきの間に食べカスが残っているとそれを栄養源として細菌が繁殖し、 歯垢(プラーク) という細菌の塊が歯の表面にへばりつきます。これを放っておくとプラークは石のように硬い歯石になり、さらにプラークがつきやすくなります。
プラークの中の 歯周病菌 が歯ぐきに炎症を起こし、歯周ポケットを作ります。炎症が進んでポケットが深くなるとアゴの骨の一部である歯槽骨が破壊されます。


 

朝起きたとき、口の中が粘ついたり妙な味がする。
歯を磨くときやリンゴを食べたとき、歯ぐきから出血することがある。
冷たい水を飲むと、虫歯もないのに、歯や歯茎がしみて痛い。
歯ぐきが赤く腫れたり痛むことがあり、押すと血やウミが出る。
口臭があり、親しい人から口が臭いといわれたことがある。
鏡で見ると前より歯が長くなったように感じる。
歯ぐきがむずがゆく、グラグラと動く感じがする。
歯と歯の間によく食べ物がはさまる。

 

治療をしたあと、3ヶ月か半年などの一定期間が経ってから、再び診察することを リコール といいます。リコールは、症状が改善されているのか、また、新しい病気にかかっていないかを確認するために必要なことです。リコールのときは病状の確認ばかりではなくブラッシングの大切さを改めて認識したり、プラークや歯石がたまっている場合には、スケーリング・ルートプレーニングも行います。長期的にみると、リコールを行っている人と行わない人では歯を失う率に大きな差が出てきます。

・スケーリング
歯石は自分で取り除くことはできません定期的に歯科医院へ行き、歯石を取り除いてもらいます。これをスケーリングといいます。
また、ルートプレーニングによって歯ぐきのさらに奥の歯根面を滑らかにしてプラークをつきにくくします。

・ PMTC
PMTC とは Professional Mechanical Tooth Cleaning の略でプロによる歯のクリーニングを意味します。具体的には歯石の除去やクリームを使った器械的研磨をおこないます。虫歯や歯周病の予防になります。約 20 年ほど前に虫歯、歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏づけられて着実な臨床実績を上げています。

【 PMTC による効果】
歯の表面がつるつるして気持ちいいばかりではなく、プラークに含まれる雑菌を落とすことにより、虫歯・歯周病予防の効果があります。 また、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待できます。

 

 

〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-11-2
TEL:047-393-7511

 


Copyright (c) STARデンタル南八幡クリニック . All Right Rserved.