欠損部分が大きくなったケースの際に機能性と審美性が兼ね備えた治療をするには現在の歯科治療として 2つ挙げられます。

まず、チタン製の人工歯根を外科処置により欠損部に埋め込むインプラント治療です。メリットとしては欠損部に人工歯根を埋め込むため通常の歯のように噛めるようになります。

2つ目は審美入れ歯です。審美性と機能性の両方を備えた物を作るため、患者様ひとりひとりのお口にあったオーダーメイドの入れ歯となります。またインプラント治療に比べ経済的、精神的、肉体的負担が軽減できると言うメリットがあります。例えば、部分入れ歯の場合、金具を使わないノンクラスプデンチャーは今までの部分入れ歯の欠点であった見た目の悪さも解消でき、弾力性のある素材を使用するので、違和感も解消できます。総義歯であれば、全顎の噛み合わせや見た目など理想的な状態をひとりひとりに合わせて作るため、装着したときのフィット感と安定性、見た目も非常に満足して頂ける入れ歯になります。


 

従来の義歯は残存歯牙に安定のための金属維持装置(クラスプ、バネ)が必要でした。
しかしスマイルデンチャーは床自体で歯に固定させますので留め金は要りません。 残存歯牙に負担もかからないのです。 また入れ歯を軽く薄く出来るので装着時の違和感が少なくなります。装着感が良くなります。

 

金属を使わないため弾力があります。そのため違和感が軽減されます。

 

口の中で一部の歯を補う部分床義歯では、入れ歯が口の中で動かずしっかり噛めるよう、クラスプという部品を床に設けます。このクラスプですが、通常の保険診療では、床とは別に製作し、入れ歯のレジン部分を固める前に、床に埋め込まれます。このため、原理的にどうしても位置関係のズレが生じることが。

   

・クラスプと床を一体化した金属床
金属床義歯ではクラスプと床を一体に作りますので、寸法に狂いがなく、強固な金属の土台がしっかりと噛む力を受け止めます。自分の歯のようにしっかり噛める、これも金属床義歯が持つ大きな特徴の一つです


 

一般的なプラスチックの入れ歯は金具のみで固定します。金具だけでは不安定なためプラスチック部分を大きくして安定性を保ちます。大きくなった分だけ違和感も強くなり、発音や食事がし難くなります。

   

アタッチメント義歯は金具を歯と一体型にした精密義歯のことです。小型化することが可能です。また、歯にしっかりと固定することが可能となり簡単に外れません。バネ式のものより快適で、審美的な入れ歯になります。

 

 

〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-11-2
TEL:047-393-7511

 


Copyright (c) STARデンタル南八幡クリニック . All Right Rserved.