近年、歯の見た目をより良くする審美歯科治療が注目されていますが、その中でもセラミックの素材を使用して、より自然な仕上がりと白い歯を手に入れるにはセラミックを用いた治療は欠かせないものになっております。ここではセラミックを使った白い詰め物、被せ物、ブリッジ、ラミネートベニア法などの治療方法をご紹介していきます。


 

・セラミッククラウン
その名の通り、歯にクラウン(王冠)を被せることからクラウンと呼びます。セラミッククラウンはより天然歯の色に近い歯の色を再現することが出来ます。歯の全体を約 1 〜 1.5mm ほど削り、その上にセラミックのかぶせもの ( クラウン ) をかぶせる方法です。

・セラミックインレー

歯にできた虫歯が比較的小さくその範囲が狭い場合やもともと治療済みで金属などを詰めてあるものを詰め替える場合などで健全な部分が多く残っている場合に行う治療方法です。

歯にできた虫歯が比較的小さくその範囲が狭い場合やもともと治療済みで金属などを詰めてあるものを詰め替える場合などで健全な部分が多く残っている場合に行う治療方法です。この方法のメリットは歯を削る量が少ないことと残っている歯の色と同じような色の詰め物ができるために金属の詰め物のように見た目を損ねることがないことです。

・ブリッジ
歯の抜けたところに橋を渡すように、治療する方法です。強度の強いオールセラミックを使用すれば、綺麗な仕上がりと長持ちするブリッジになります。

 

ラミネートベニアは、歯の表面を 0.5 ミリくらい削りその上に薄いセラミックを、付け爪のように張り付けてしまう方法です。
適応症としては、歯が黒ずんでいたり、前歯にすき間が空いている場合です。このような場合にはホワイトニングでは、効果が期待できません。また、同時に歯の形も美しく変えられます。約 2,3 回の通院で仕上がります。ラミネートベニアはセラミックスでできていて、天然歯のエナメル質に近い硬さと強度を持っています。かなりの衝撃を受けない限り、欠けたりすることはまずありません。また、変色や変質もなく天然歯に近い自然な色です。

◇ラミネートベニア法の適応症
短期間で軽度の歯並びの修正
変色歯の改善
歯の一部が欠けたり摩り減って形が見苦しい部分の回復
歯の隙間(すきっ歯)の改善
本来の歯より小さい歯(矮小歯)の改善
傾いた歯や捻じれた歯の修正
歯の表面の凸凹や詰め物があり歯の表面が均一でないものの改善
治療回数も少なく(通常 2 回)、歯を最小限しか削らない。

 

 

〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-11-2
TEL:047-393-7511

 


Copyright (c) STARデンタル南八幡クリニック . All Right Rserved.